未分類

ラブホテル利用方法

デリヘルに必須なラブホテルの存在

奇抜な内装は外国人観光客には大人気みたいです。近年では、その奇抜さが外国人観光客に評判となり、観光スポット巡り覚で泊まりに来るケースもあるほどです。特殊なホテルなのでこれまで利用したことのない方もいるでしょう。

日本には、ラブホテル、ラブホと呼ばれる恋人たちのためのパラダイスが用意されています。外見は派手な物が多くアミューズメントパークみたいな外観のものまであります。室内の作りもカップル向けにメルヘンチックなものから、鏡張りの部屋、ライトを張り巡らせるなど趣向を凝らしていて、ベッドそのものが静かに回る回転ベッドなるものまで作られました。これから先、利用したときにまごまごしないためのラブホテル利用法を探しましょう。

ラブホテルは、デリヘルを呼ぶときに自宅が使えない人には必須なものです。基本的にカップルで利用するものですが、デリヘルで女の子を呼んで遊べるように男性一人でも利用できるホテルがあります。ただし、一人での入室を断るホテルもあるので、お店で利用できるラブホテルを風俗店にどのホテルなら一人で入室できるのか確認しましょう。

 

ラブホテルの利用方法

ラブホテルの入口には、休憩(2時間~3時間)と宿泊の料金が出ています。全室均一と書かれていなければ、表示された料金は最低料金の室料となりますので、その料金よりも高い部屋もあると思って下さい。その場合、最低料金の部屋は客寄せパンダとしての料金で金額が大幅に違うという事態もありえますので入室前に金額はしっかり確認しましょう!

また、宿泊はチェックイン出来る時間(夜9時以降など)が決まっています。その時間よりも前にはお泊まりでの入室は出来ません。満室の場合は、満室と表示されていますので、別のラブホテルを探しましょう、休前日やバレンタインデーなどのイベント時には混雑が予想されますので、くれぐれもラブホ難民にならないように気をつけましょう!中へ入ると、空き部屋を表示したパネルがありますので、その中から予算にあった部屋を選び、掲示板の指示に従ってボタンを押しましょう。そのまま鍵が出て来る所もあれば、ボタンを押してフロントで鍵を受け取るホテルもあります。

料金は基本的に前払いとなりますが、部屋でチェックアウトのときに精算するタイプのへやもあったりとホテルによって異なります。最近では、カラオケやマッサージ機など設備が充実しているホテルがおおくなりました。部屋へ入ったら時間までゆったり過ごせますのでリラックスしましょう。

コンドームなどを用意してくれているホテルも多いですが、無い場合には困るので、持参するのを忘れずに。時間となったら、そのまま部屋を出てフロントに鍵を返却。時間オーバーがあれば追加料金を支払って外へ出ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です